Comprar OnLine Equipamentos Médico Hospitalares Contec MED™ BR

quarta-feira, 25 de março de 2015

日々進歩する、医学の世界。いま、この瞬間にも、誰かがどこかで画期的な薬を開発していたり、治療に役立つ大発見 をしたりしているかも知れません。このコーナーでは、医学を志すにあたり「これだけは押さえておきたい!」というニュースベスト5を毎週、マイナビ RESIDENT編集部が厳選し、お届けします!

2015/03/11~2015/03/17

2015/03/04~2015/03/10

  • 第1位

    ミトコンドリア病の原因解明、薬にめど

    原因不明とされた遺伝病のミトコンドリア病の仕組みを、熊本大学大学院生命科学研究部の魏范研(ウェイ ファンイェン)助教と富澤一仁(とみざわ かずひと)教授らが初めて解明した。さらに、発症の原因を押さえる薬も見つけており、臨床試験を検討している。有効な治療法がなく、厚生労働省の難病に指 定されているミトコンドリア病の患者に光を当てる研究として世界的に注目されている。3月3日付の米科学誌セルメタボリズムのオンライン版に発表した。同 誌の編集部は重要論文としてレビューした。
  • 第2位

    QDレーザと東大、ロービジョンケア向けレーザアイウェアプロトタイプを開発

    QDレーザと東京大学(東大)ナノ量子情報エレクトロニス研究機構は共同で、視機能が低下している人々(ロービジョン)のケア向けとして網膜走査型レーザアイウェアプロトタイプを開発したと発表した。
  • 第3位

    mRNA投与の治療にナノミセルで道開く

    遺伝子治療に新手法が登場した。DNAの遺伝情報はRNAに転写され、さらにタンパク質に翻訳される。DNAからタ ンパク質への翻訳を担うメッセンジャーRNA(mRNA)をナノミセルという小さなカプセルに入れて組織に導入すると、安定した治療効果が期待できること を、東京大学医学系研究科の大学院生だった馬場美雪(ばば みゆき)さんと位髙啓史(いたか けいじ)特任准教授、片岡一則(かたおか かずのり)教授らがマウスの実験で初めて示した。
  • 第4位

    体内時計つかさどる脳の細胞で発見続々

    睡眠や体温などを24時間周期で制御する体内時計の中枢は脳の視交叉上核にあり、1日の体や行動のリズムを決めてい る。その中のどの細胞が時計の本体かを示す重要な研究論文が日本から相次いで報告され、ともに3月4日付の米科学誌ニューロンのオンライン版に載った。ま ず、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の柳沢正史(やなぎさわ まさし)機構長(教授)と米テキサス大学のジョセフ・タカハシ教授らは、マウス脳内の視交叉上核に体内時計を調節して統合するペースメーカー細胞が存在す ることを突き止めた。
  • 第5位

    金沢大、体内時計の安定に関わる神経細胞を発見

    金沢大学は3月5日、アルギニンバソプレシン(AVP)という神経ペプチドを産生する神経細胞が体内時計の機能に重要な役割を果たし、概日リズムの周期や活動時間の長さを決定すると発表した。
お役立ち

ご利用ガイド

アルバイトのご紹介

友人紹介キャンペーン

Nenhum comentário:

Postar um comentário